姿勢矯正

上位交差性症候群

「猫背」の人は身体が上位交差性症候群と言われる異常な状態になっている方がとても多いです。当院ではこの上位交差性症候群による機能障害の改善に努めます。

FHP頭部前方変位姿勢

​頭部前方変位姿勢 FHP(forward head posture)により頭部が前に出ている姿勢となり肩凝りの大きな原因となっています。

機能障害

上位交差性症候群により以下の関節の機能障害が起こります。

・環椎後頭関節

・第4ー5頸椎椎間関節

・頚胸椎移行部

・肩甲上腕関節

・第4-5胸椎椎間関節

これらの機能障害から筋肉や関節に負担がかかりやすくなり首コリや肩コリの症状が出てきます。首や肩が凝るからといってマッサージなどで筋肉を緩めても問題は解決しません。

​当院では根本治療を目的とし機能改善に向けて施術致します。

© 2018 西島接骨院

Tel:0228-22-6343